Sections

Class Phalcon\Cache\Backend\Memory

extends abstract class Phalcon\Cache\Backend

implements Phalcon\Cache\BackendInterface, Serializable

GitHub上のソース

メモリ中にコンテンツを保存。 リクエストが終了したときにデータを失います。

<?php

use Phalcon\Cache\Backend\Memory;
use Phalcon\Cache\Frontend\Data as FrontData;

// データのキャッシュ
$frontCache = new FrontData();

$cache = new Memory($frontCache);

// 任意のデータをキャッシュ
$cache->save("my-data", [1, 2, 3, 4, 5]);

// データを取得
$data = $cache->get("my-data");

メソッド

public get (mixed $keyName, [mixed $lifetime])

キャッシュしたコンテンツを返します。

public save ([string $keyName], [string $content], [int $lifetime], [boolean $stopBuffer])

バックエンドにキャッシュしたコンテンツを保管し、フロントエンドを停止します。

public boolean delete (string $keyName)

キャッシュから そのキーによって値を削除します。

public queryKeys ([mixed $prefix])

既存のキャッシュされたキーを問合せ

<?php

$cache->save("users-ids", [1, 2, 3]);
$cache->save("projects-ids", [4, 5, 6]);

var_dump($cache->queryKeys("users")); // ["users-ids"]

public exists ([string int $keyName], [int $lifetime])

キャッシュが存在しそれが期限切れでないことをチェックします。

public increment ([string $keyName], [mixed $value])

与えられた$keyName を $value だけインクリメント

public decrement ([string $keyName], [mixed $value])

$keyName を指定された $value だけデクリメントします。

public flush ()

ただちに、すべての既存のアイテムを無効にします。

public serialize ()

Required for interface \Serializable

public unserialize (mixed $data)

Required for interface \Serializable

public getFrontend () inherited from Phalcon\Cache\Backend

public setFrontend (mixed $frontend) inherited from Phalcon\Cache\Backend

public getOptions () inherited from Phalcon\Cache\Backend

public setOptions (mixed $options) inherited from Phalcon\Cache\Backend

public getLastKey () inherited from Phalcon\Cache\Backend

public setLastKey (mixed $lastKey) inherited from Phalcon\Cache\Backend

public __construct (Phalcon\Cache\FrontendInterface $frontend, [array $options]) inherited from Phalcon\Cache\Backend

Phalcon\Cache\Backend constructor

public mixed start (int string $keyName, [int $lifetime]) inherited from Phalcon\Cache\Backend

キャッシュを開始します。 このkeynameは作成したフラグメントの特定に使用できます。

public stop ([mixed $stopBuffer]) inherited from Phalcon\Cache\Backend

キャッシュしたコンテンツを保存しないで、フロントエンドを停止します。

public isFresh () inherited from Phalcon\Cache\Backend

直前のキャッシュが新鮮なものか、それともキャッシュされているかをチェックします。

public isStarted () inherited from Phalcon\Cache\Backend

このキャッシュのバッファリングが開始しているか、そうでないかをチェックします。

public int getLifetime () inherited from Phalcon\Cache\Backend

直前のライフタイムのセットを取得します。