Sections

Class Phalcon\Annotations\Reflection

GitHub上のソース

オブジェクト指向の方法で、アノテーションのリフレクションを操作できます。

<?php

use Phalcon\Annotations\Reader;
use Phalcon\Annotations\Reflection;

// クラスのアノテーションのパース
$reader = new Reader();
$parsing = $reader->parse("MyComponent");

// リフレクションの作成
$reflection = new Reflection($parsing);

// クラスのdocblockのアノテーションを取得
$classAnnotations = $reflection->getClassAnnotations();

メソッド

public __construct ([array $reflectionData])

Phalcon\Annotations\Reflection constructor

public getClassAnnotations ()

そのクラスのdocblockで見つかったアノテーションを返します。

public getMethodsAnnotations ()

そのメソッドのdocblockで見つかったアノテーションを返します。

public getPropertiesAnnotations ()

そのプロパティのdocblockで見つかったアノテーションを返します。

public array getReflectionData ()

リフレクションを構成する際に使用する中間定義をそのままパースして返します。

public static array data __set_state (mixed $data)

Restores the state of a Phalcon\Annotations\Reflection variable export