Documentation

目次

前のトピックへ

< マイクロ ベンチマーク

次のトピックへ

XAMPPへのインストール >

このページ

インストール

PHP拡張モジュールは、従来のPHPベースのライブラリやフレームワークとは若干異なるインストール方法をとります。 あなたのシステム向けのバイナリパッケージをダウンロードするか、ソースコードからビルドする2つの方法があります。

PhalconはPHP 5.3.1以降でコンパイルできますが、古いPHPはメモリリークを引き起こすバグがあるため、少なくとも PHP 5.3.11以降を使用することを推奨しています。
PHP 5.3.9 以前のものには、いくつかのセキュリティ的な欠陥があり、商用環境のWEBサイトでの使用は推奨しておりません。 詳細はこちら

Windows

Windows上でPhalconを使用するには、DLLライブラリをダウンロードします。そして php.iniを編集し、最後に次の行を追加します。

extension=php_phalcon.dll

最後にWEBサーバーを再起動します。

次のスクリーンキャストは、Windows上にPhalconをインストールするステップバイステップガイドです。

Linux/Solaris/Mac

Linux/Solaris/Mac の環境では、簡単に拡張モジュールをソースコードからコンパイルしてインストールすることができます。

必要条件

必要となるパッケージは次の通りです:

  • PHP 5.3.x/5.4.x/5.5.x development resources
  • GCC compiler (Linux/Solaris) or Xcode (Mac)
  • Git (if not already installed in your system - unless you download the package from GitHub and upload it on your server via FTP/SFTP)

一般的なプラットフォームにおける具体的なパッケージ:

#Ubuntu
sudo apt-get install git-core gcc autoconf
sudo apt-get install php5-dev php5-mysql

#Suse
sudo yast -i gcc make autoconf2.13
sudo yast -i php5-devel php5-pear php5-mysql

#CentOS/RedHat
sudo yum install gcc make
sudo yum install php-devel

#Solaris
pkg install gcc-45
pkg install php-53 apache-php53

コンパイル

拡張モジュールの作成:

git clone git://github.com/phalcon/cphalcon.git
cd cphalcon/build
sudo ./install

php.iniに拡張モジュールを追加します。

extension=phalcon.so

最後にWEBサーバーを再起動します。

Phalconは自動的にシステムのアーキテクチャを判定しますが、指定したアーキテクチャ向けにコンパイルすることを強制することができます。

sudo ./install 32bits
sudo ./install 64bits
sudo ./install safe

FreeBSD

FreeBSDではportを利用することができます。インストールするには、次のシンプルなコマンドを叩くだけです。

pkg_add -r phalcon

or

export CFLAGS="-O2 -fno-delete-null-pointer-checks"
cd /usr/ports/www/phalcon && make install clean